PINK.CLUB

4月4日 ピンクデー とは?

「Present For(4) You」
ピンクを贈り、しあわせを分かち合う日

世界中でしあわせになる人を増やしたいという想いで、
ピンクを贈りしあわせを分かち合う日、ピンクデーを制定しました。
(一般社団法人日本記念日協会認定)

大切な人にピンクのものを贈り、しあわせを分かち合いましょう!

ピンクデー設立お祝いのメッセージ

マヤ・ストロ(Maya Kasandra Soetoro-Ng)様より、
ピンクデーお祝いのメッセージをいただきました。

マヤ様は、ノーベル平和賞を受賞された
第44回アメリカ大統領オバマ大統領の妹君です。
以前は高校の歴史の教師をされていました。
現在は、ハワイ大学マノア校の
社会科学大学にあるスパーク・マツナガ氏の平和と紛争解決研究所で、
教員スペシャリストおよびコミュニティアウトリーチと
グローバルラーニングのディレクターを務められています。

2019年ピンクデーのイベント

ピンクはしあわせの色

お母さんの胎内は、ピンク色をしています。
私たちが生まれるときに形成される「脳」は、ピンク色に囲まれて形成されるので、
脳が「ピンクは幸せな色」と覚えています。

私たちが日常の中でピンクを見ると、脳はβ-エンドルフィンやドーパミンなどの幸せホルモンを分泌します。
だから私たちは、ピンクを見るだけで「しあわせ!」と感じるのです。

他にも、ピンクは血圧と脈拍を下げ、緊張をほぐしてリラックスさせたり、交感神経を刺激して脳に血液を送り、美と健康をもたらす効果があります。

このように、ピンクの力は色彩心理学、医学的にも証明されており、ピンクは人を幸せにするパワーをもった素晴らしい色なのです。

SNSでピンクを贈り、しあわせを分かち合おう!

インスタグラム ツイッター フェイスブック
#PinkDay、#ピンクデー

4月4日 ピンクデー制定者

Google検索1位「ピンク社長®」
世界一大きい折り鶴 ギネス記録保持

多田 多延子(ただ たえこ)

中学1年生の時「Taeko is in the pink!」と満面の笑顔で話しかけられたことをきっかけに、「ピンク」にとても興味を持ち色彩学や色彩療法を学ぶ。
ピンクは「見るだけで人をしあわせにする力」があることを知り、
お目にかかる全ての方にもっと幸せになって欲しいと願いを込めて、
365日、10年間ピンクの洋服を着続けていることから「ピンク社長」という愛称で親しまれている。

Pink.Clubパートナー

株式会社ブリリアント
一般社団法人交通事故医療情報協会
株式会社日本経営センター
株式会社日本経営センター
株式会社日本フーズ
株式会社日本フーズ
株式会社上薬研究所
株式会社タナカ商店
いろどり歯科
いろどり歯科

三習工業株式会社

COLOR WORKS株式会社

株式会社榊原

有限会社オフィス・エヴァ

森亮司

株式会社アマネコ舎

小林好子

富士テクノ株式会社

株式会社サンギョウサプライ

松理商店

医療法人百花繚乱

株式会社旭日不動産

ユーコーホールディングス株式会社

株式会社フォース・アラウンド

© 2019 PINK.CLUB

ピンク社長が世界中で見つけた
「ピンク」のお話&
お役に立てるピンク情報配信中!